iPhoneボタンが故障!その原因と修理について

iPhoneのボタンがききづらい、押しづらい等といったような不具合が生じたら早めに修理へ出しましょう。 - マナーモードにできない?iPhoneのボタンの故障の原因と修理について

マナーモードにできない?iPhoneのボタンの故障の原因と修理について

あなたはiPhoneを長いこと使っていると、あらゆるボタンが使えなくなるということを感じたことはありませんか。
電車の中や会議中に音が鳴らないようにマナーモードにしたつもりが、ボタンが壊れていて音が鳴ってしまったなんてことになったら大変なことですよね。
しかし、長い間使っているとボタンが使えなくなって、このようなことが起こりうるのです。
そのため今回はマナーモードのボタンが壊れてしまう原因と修理について紹介していきましょう。

壊れてしまうのは使いすぎによってボタンの線が通常に動作しなくなる

iPhoneのマナーモードのボタンは埃がたまりやすいこともあり、反応しづらくなってくると、力づくでつい操作してしまいがちです。
しかし、その力づくでやってしまうことが故障の主な原因で、ボタンが動かなくなってしまったり、モードが切り替わらないというようになってしまうようです。
ukyfuky

マナーモードボタンの修理方法

接触不良になってしまって、マナーモードにできない時があるようになってしまうと、大事な会議などの場でなってしまう可能性もあるので、早めの修理へ出すことをお勧めします。
iPhoneの種類によりますが、だいたい修理費用は7,000円ほどで修理でき、60分もあれば修理できてしまうので、あなたがもし時間がなくてなかなかショップへ行けなくて、行ける時にすぐに直してもらえるので、早めに修理しましょう。

このようなことがマナーモードボタンが壊れてしまう原因です。

もしあなたのマナーモードボタンが壊れてしまったと感じたら早めに修理をしましょう。
長い間使うことで起こりうることで、ほおっておくと他の部分にも支障をきたすこともあるので、被害が拡大する前に直しておきましょう。

あなたはiPhone修理は業者じゃないとできないと思っていませんか。

今ではスマホの普及もあり、誰でもインターネットを利用することができるようになりました。
その背景もあり、iPhone修理の仕方を説明するウェブサイトもたくさんできました。
そのため、その修理の流れを見ながら行えば誰でも簡単に修理をすることができるんですね。
今回はそんな、業者に頼らなくてもできるiPhoneの修理にはどんなものがあるのかをご紹介していきましょう。

バッテリー交換

あまり特殊な技術のいらないiPhoneの修理はこのバッテリー交換です。
バッテリー自体はそれほど高くないので、バッテリーのみを販売店で購入し、あとの修理の行程はウェブで調べれば簡単に出てくるので、それに従って行っていけばきっとできることと思います。
バッテリーの交換キットというものも今では販売されているので、器用な人であれば10分程度で交換できてしまうので、時間的にも費用的にもおすすめです。

画面修理

実は画面修理も自分でできてしまうのです。
その方法がすべて動画で紹介されているサイトがいくつかあるので、もしあなたが自分自身で画面の修理をしようと考えているのであれば、まずは一度動画を見て予習をしてから行ってください。
いきなり分解して、自力でやってしまってバラバラになってしまってはどうしようもできないので、まず動画で学んでから修理をすることをお勧めします。

まとめ

以上のようにあなた自身でもiPhoneが修理できる方法はあるので、もしあまり修理にお金をかけられないという人には、一度チャレンジしてみることをお勧めします。
わかりやすく解説してくれている動画がたくさんあるので、ぜひ参考にしてほしいと思います。